TOP TOPページ  口座開設Q&A

口座開設Q&A

証券総合口座とは?

オンライントレードを行うためには、証券会社にその資金をいったんプールしておく必要があります。このプールしておく場所を『証券総合口座』といい、今ではたいていの証券会社がこの『証券総合口座』を用意しています。

ここに入金されたお金は、いったん自動的に『MRF』という公社債投信で運用されることになります。株の売買をするときは、ここから必要金額を解約して株を買うということになります。なお『MRF』は安全性の高い投信で、入金してすぐに解約できるので何時でも株の売買が始められます。

口座開設費、口座維持費はほとんどの証券会社が無料にしています。またクレジットカード決済もできる『証券総合口座』もあり、何かと便利な口座といえます。

口座の種類は?

株を売買して利益が発生したら税金(住民税、所得税)を支払う必要があります。支払いの方法に関し、下記の3種類の口座が用意されていて、これらは投資家の好みに応じて自由に選べます。

  • 一般口座
    自分で税金を計算して申告する口座です。サラリーマンの方や取引が多い方には不向きな口座といえます。
  • 特定口座(源泉徴収なし)
    1年間の売買の集計を証券会社が行ってくれる口座です。『年間取引報告書』を作成してくれ、これを添付するだけで納税が済み、面倒な計算が不要になります。
  • 特定口座(源泉徴収あり)
    株の取引ごとに利益が出ていれば、その利益の中から税金分を証券会社が天引きし、翌年にまとめて納税してくれる口座です。 株の利益以外に確定申告する所得がない主婦やサラリーマンの方向けの口座といえます。

口座の種類は毎年の最初の取引までに変更することができ、年末まで変更できません。不都合が無ければ、はじめは『特定口座(源泉徴収あり)』を選んでおくのが無難といえます。

完全前受け制とは?

多くのネット証券会社で採用されている決済システムで、株を売買する為には、あらかじめ証券口座にお金を預け入れておく必要がある、という制度です。 そしてその預けた額の範囲内でしか株の売買は行えません。 これはオンライントレードにおける、『決済できるお金が無いのに注文を出してしまう』ミスを避ける為です。


未成年は口座開設できますか?

SBI証券マネックス証券松井証券のみで未成年でも口座開設および株取引が可能です。 ただしこれには親権者の同意を得る必要があります。 また通常の口座開設とは異なり、提出書類(親権者の同意書、住民票など)が増えます。
さらにマネックス証券以外は先に親権者が口座を開設済みである必要があるといった点も忘れてはなりません。

子供の判断で株取引のリスク管理が出来るかどうかは疑問ですので、(上記以外の)多くのネット証券では未成年の口座開設はできないのが現状になっております。
このページ先頭へ戻る